格言から学ぶ投資術

買いは安い日に限り、売りは高い日に限る。

 

買いは安い日に限り、売りは高い日に限る。

 

当たり前のような格言ですね。

 

それがわかれば損はしないよ!
という声が聞こえてきそうですが・・・。

 

稼げない人はその逆を続けているから
損ばかりしているのが現実なんです。

 

99%の人が損をだし、1%の投資家が
その損を利益にしているという。

 

「大衆は常に天井で買いをいれ、底値で売る」

 

こんな格言さえあるのです。

 

 

持ち株がどんどん上がっていくのは
このうえのない喜びです。

 

もっとあがる もっとあがる と毎日
値動きを楽しみます。

 

マスコミも株価上昇局面を連日
囃し立てます。

 

また、株価が連日上がっていくのをみて
今買わなきゃ儲け損なうとばかりに
新しい銘柄を買いに走ります。

 

しかし、その時は売り時なのです。

 

急上昇したあとは急落が待っています。
株価が上昇する速度の何倍ものスピードで
底へと向かいます。

 

そこであわてて狼狽売りに走ります。

 

売れたときはすでに底値になっています。

 

1%の儲けるプロの投資家が
喜んで買ってくれます。

 

 

 

株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット

 

弱気一色の時こそ買いシグナル

 

弱気一色の時こそ買いシグナル

 

誰でも大底で仕込み大天井で売りたいものですが
大底はどんな天才であろうがプロであろうが
その時点ではわかりません。

 

何年も経ってからあの時が大底だったと言えるわけです。
後付けであればド素人でも言えることです。

 

大底は結果論になりますから
誰でもその時点ではわかりません。

 

しかし、相場が大きく崩れて誰もが
パニック売りに走るときこそが買いの
シグナルである という格言です。

 

売り一色でまるで奈落の底に向かっている
ような急落時は誰もが手持ちを売り逃げしたい
と慌てふためきパニックになり投げ売りに走ります。

 

最近では自動売買をセットしている投資家も
多いので自動的にロスカットが発動してしまいます。

 

私も過去にはライブドアショックや
リーマンショックで投げ売りをしてしまい
大きな損失をこうむりました。

 

 

そんな状況のなか買いに向かう
勇気のある投資家もいます。

 

まるでバーゲンセールだねと
笑いながら喜んで買いに向かいます。

 

たとえパニックになりどんどん投げ売りされても
誰か買う投資家がいるから売りが成立するわけですから
買う投資家がいるということになります。

 

何かのニュースで大暴落すると我先にと
投げ売りが始まります。

 

しかし売られる銘柄の中には
そのニュースとは全く関係がなく何の
問題もない銘柄がたくさんあります。

 

たとえば普段私たちが毎日
使っているような商品を作っている会社や
販売している会社など。

 

何があってもそれがないと生活できない
ような品物やライフラインなど。

 

人々は毎日毎日永遠に消費しながら生活しています。

 

そんな銘柄は釣られて投げ売りされていても
ニュースが落ち着くといつの間にか元の相場に戻っているのです。

 

売り一色の時に勇気を出して買いに
立ち向かった投資はこの時にこっそりと
売りに回って利益をカッチリ確定していきます。

 

 

下げるときはまるでジェットコースターの落ちるときの
ように急降下します。

 

しかし上げるときは何日も何年もかけて
上げることが多いものです。

 

暴騰するときもありますが
その後は暴落がくることが多いものです。

 

暴騰し始めたらすぐに手持ちを売る
準備をするタイミングです。

 

弱気一色の時は買うタイミングの
準備を開始しましょう。

 

たとえば日経平均が一日で
500円以上下げたときなどです。

 

しかしすぐに買いに走るのではなく
慎重に様子をみてからにしましょう。

 

そんなときのために普段から狙いを付けた銘柄を
じっくりとリサーチしておきましょう。

 

暴落破壊投資術NEO

 

 

買いは三日待て

 

買いは三日待て

 

買いは三日待てというのはあわてて衝動買いするな
という格言です。

 

冷静さを失って買いに走るというとこは
株が急激に上がり始めたときが多いものです。

 

今買わないと儲けを逃してしまう。
冷静さを完全に失って飛び乗った株が
買ったとたんに暴落してしまう。

 

よくあるパターンですね。

 

急騰は急落の前触れだということを
常に忘れてはなりません。

 

たとえ急騰していても一直線に上がるわけではなく
利益確定売りなどが入り一時的に
下がることもよくあるパターンです。

 

この時に買っても遅くはないパターンも多々あるのです。

 

押し目買いとよばれていますね。

 

逆に急落時にもすぐに買いに走ってはいけない。

 

急落してもう大底だと思って飛びついたら
まだまだ奈落の底まで下がり続けるということもあります。

 

落ちるナイフには手を出すな
という格言もあります。

 

急落したからといって落ちていくナイフを
とっさにつかもうと手を出すと大怪我します。

 

ナイフが地面に落ちて突き刺さり
振動が止るのをしっかり確認してから
手に取れば怪我をすることはありません。

 

急騰・急落・どちらにしても衝動買いは
大怪我の元と心得ておきましょう。

 

買いは処女のごとく

 

売りは脱兎のごとく

 

という格言もあります。

 

買いはとにかく慎重に。
そして売りは素早く売る。

 

 

 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

 

文殊でも備えのたたぬ商いは敗れる

 

文殊とは文殊菩薩のことで知恵の象徴です。

 

そんな知恵の象徴である文殊でも
備え無しに商いをしても勝てる見込みはない
という意味の格言です。

 

ここでいう備えとは十分な投資資金のことです。
投資に使う資金は命金 いわゆる日常生活に
欠かせない必要な経費とは別の余力のある資金
のことです。

 

生活資金にまで手を付けると誤ったときに
悲惨な現実が待っています。

 

現在の日常生活資金だけでなく
将来のための学費とかローン返済とか
そういう資金にも絶対に手を付けてはいけません。

 

私は退職金の一部を投資につぎ込み
大失敗をした苦い経験が今でも尾を引いています。

 

その資金でローンを前倒し返済していれば
今頃余裕あるリタイヤ生活できていたはずなんでずけど。

 

どんなにチャンスだと思っても
生活資金には手をつけないこと。

 

ましてや借金してまで投資するのは自己破滅の
元です。

 

余裕のある投資資金が十分準備
できないのであれば投資資金をためることから
始めて見ましょう。

 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

 

買いに関する10の極意関連ページ

株投資の心理
社会保障があてにならない日本。 自分の資金は自分で投資して賢く増やしましょう。
銘柄選びの極意ベスト10
社会保障があてにならない日本。 自分の資金は自分で投資して賢く増やしましょう。