体脂肪減らして自己資金増やせ

ディトレもさまざまな手法がある

さまざまなスタイル

 

株式トレードには、さまざまなスタイルがあります。

 

私は、某テレビ局で放映されていた「マグロ漁師選手権」が大好きだったのですが、
あの漁師たちの姿には、様々な投資家たちの姿が重なり合います。

 

 

最新鋭の探知機、エンジンを積み、マグロを発見しては真っ先に駆けつけることを目指す男たち。
一方で、長老格のある漁師はハイテク機器には一切頼らず、長年の経験でマグロの通り道を知り、仕掛けを投げ入れます。

 

 

するとどうでしょう。ハイテク機器で武装した漁師たちがマグロを発見し、一斉に集まった先には、
ハイテク機器を持たない老漁師が悠々と大物を釣り上げていました。

 

 

トレードで利益をあげようと何枚ものモニタを並べ、相場実況を聞きながら各種のツールでランキングを漁りつづけるトレーダーもいれば
ある指標を頼りに株価が動く予兆を知り、狙い定めた銘柄で取引をするトレーダーもいます。

 

 

そして往々にして、前者のトレーダーはスキャルピング(頭の皮を剥ぐ)という、相場の薄皮一枚をはぎ取るような小さな利益にとどまり、
後者のトレーダーは、一回のトレードでも数%の利幅をとることができます。

 

 

私のスタイルは後者です。

 

私のもとにも多くのトレーダーの方々が相談に見えましたが、木を見て森を見ずといいますが、
より多くの情報を得ようとするあまり狙いが定まらず、動き始めた相場の後追いばかりしているトレーダーのあまりに多いこと。

 

 

そして、そのようなトレーダーの方に限って「自分のテクニカル理論は完璧だ」「自分にはトレードセンスがある」と、
根拠のない自信を口にするのです。

 

中には、「自分は皇帝の生まれ変わりだ」と言い出す人まで。

 

断言します。トレードはセンスや才能でするものではなく、ましてや神に選ばれた人だけのものではありません。

 

 

1.極めて勝率の高いパターンで

2.リスクが少ない分、より自分の中の大きな資金を使えて

3.どのような相場環境でも使える

4.勘ではなく、確かな先行指標とテクニカル指標を判断材料にして

 

行えばいいのです。

 

今回のマニュアルには、私が証券トレーダーとしてデイトレで利益を上げるための手法をすべて納めてあります。
虎は死して「革」を残す

 

あなたは生涯、この手法で利益を重ね、そして子々孫々に語りついでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ディトレもさまざまな手法がある関連ページ

プロトレーダーから学ぶ
社会保障があてにならない日本。 自分の資金は自分で投資して賢く増やしましょう。
ディトレードには理論がある。
社会保障があてにならない日本。 自分の資金は自分で投資して賢く増やしましょう。
ディトレマニュアルの著者
社会保障があてにならない日本。 自分の資金は自分で投資して賢く増やしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ