体脂肪減らして自己資金増やせ


投資は遠視ともいえる

 

投資は遠い未来を見据える遠視ともいえる。

 

投資は自分の大切な資金を投げてしまうのだからすべて失ってしまう可能性もある。

 

しかし、遠い先を視とおすことができる人は、自分の資金が一気に何十倍、何百倍、それ以上に爆発的に増える可能性だってあることをよく知っている。

 

 

遠い先を視とおす能力と恐怖に打ち勝ち自己資金を投げうつことができる勇気を持った人が潤沢な資金を得ることができる。

 

 

日本はこの先、消費税が上がるし社会保障はあてにならない。
年金は何歳からもらえるのかその年齢になってみないとわからない。

 

 

2013年現在 60歳から一部だけ年金は受け取れているが将来はわからないのだ。

 

年金は70歳からとなる可能性だって十分にあるし75歳からになる可能性だってある。

 

いったい いつまで働かなくてはならないんだ。

 

75歳から年金もらったところで体が言うこと聞かないよ。

 

 

投資には自己資金を投入する以外にもいろいろある。

 

たとえば、英語のスキルを身に着けて将来の仕事に生かす。というのも自分への立派な投資である。

 

 

 

お金の使い方には3つあるといわれている

 

消費
浪費
投資

である。

 

 

消費は使ったらなくなってしまうが消費しないと日本人のほとんどは生きていけない。
着るもの・食べるものなどがそれにあたるだろう。

 

浪費は、生きていくには必要ないものでレジャーなどはその代表だろう。
たとえば、遊園地とかカラオケ・ドライブなど。

 

生きていくのに必要はないが生活を豊かにしてくれるといえるだろう。

 

そして投資は

 

自分自身のスキルアップのためにセミナーに参加する

 

自分自身のスキルアップのために本を買う・読む

 

株を購入する

 

貯金をする。

 

優秀な人材と付き合うための交際費

 

事業を始めるための資金

 

 

などいくらでもある。

 

私はギャンブルは投資とは思ってない。
人によっては投資かも知れませんが私はギャンブルは浪費だと思っています。

 

ギャンブルによってストレスから解放されたり心が明るくなるのであればそれはそれでいいと思いますが・・・。

 

 

もちろん宝くじも投資とは思っていません。

 

お金持ちは宝くじは買いません。

 

宝くじを買う人にお金持ちはいないということです。

 

宝くじを買うという夢を持つ人はお金持ちにはなれない考え方の人です。

 

これもギャンブルと同じだと思いますが買うことにより夢が見れてストレスから解放されるならそれでもよし。

 

 

投資をしたことのない人にとっては大切な自己資金を投げうつのは恐怖以外の何物でもない。

 

その恐怖に打ち勝つことができる人だけが大きなリターンを得られる権利を持つことができる。!(^^)!

 

恐怖に打ち勝つことができない人は一生お金とは縁のない人生を送り一生を終える。

 

 

じゃぁ 恐怖に打ち勝つにはどうすればいいのか!?

 

オリンピック出場選手などの世界で通用するトップアスリート。
ボクシングなどの命をかけたスポーツ。

 

そんな世界でもトップレベルのアスリートでも試合は一発勝負です。
彼らは勝負という恐怖に立ち向かっていくのです。

 

彼らがよく口にする言葉は 「練習するしかない」

 

 

自分は誰よりも多く練習する。

 

誰よりも多く練習してきたんだから負けるはずはない。

 

とセルフイメージーを高めるというわけです。

 

 

サラリーマンやパート・バイト・などの自分の時間を切り売りしている人は投資が必要ありません。

 

自分の時間を労働に当てて規定の仕事をこなせばあとから賃金として対価を受け取ることができます。

 

 

投資は失うかもしれないけど、自分から先に資金を出すわけす。

 

事業なら、会社を設立して事務所や工場を構えて人を雇い事務用や機械を準備するのです。

 

株式投資なら、先に株を買うわけです。
将来ゼロになるかも知れませんし、何倍・何十倍になるかもしれません。

 

 

あとからお金が入ってくるか先にお金を出すかという大きな違いがあります。

 

 

これこそがお金に心配しないで人生を送るかお金の心配ばかりして一生を終えるかの分かれ道です。

 

 

 

将来お金に心配しないでいい生活を日本で臨むなら、人任せにせず、たとえわずかな金額でもいいから自分で投資を始めることが必要です。

 

 

そのためにはしっかりと投資の勉強をして練習をしなくてはなりません。
時には失敗して痛い目に合うかもしれません。

 

 

一回も投げ飛ばされることもなく黒帯をとれる柔道家はいないでしょう。

 

練習で投げ飛ばされながら技を磨いて強くなっていくんです。

 

今日から柔道を始める人がいきなり柔道の黒帯の人と戦って勝てるわけがありません。
車に運転をしたことがない人がいきなりレースに出て勝てるわけがありません。

 

その道の専門家にみっちりと教えてもらってからというのが常識でしょう。

 

じゃあ いつから 学び始めるの?

 

 

今でしょ!!

 

 


トレンド転換をスバリ!山本伸一のトップディーラー育成プログラム